ワイド団信 – 久喜・幸手・杉戸エリアの一戸建てのことならフレンドホームにお任せください

ワイド団信

以前は持病や疾病がある人が団体信用生命保険に加入するのは難しいことが多かったのですが、現在は持病や疾病があっても団体信用生命保険を利用できる金融機関が増えています。

ただし、通常の団体信用生命保険とは仕組みが少し異なるので注意しましょう。この団体信用生命保険は「ワイド団信」と呼ばれています。

イラスト

イラスト

イラスト

ワイド団信は、健康上の理由などで一般の団体信用生命保険には加入できない人に向けた、審査基準が緩めの団体信用生命保険のことです。

ワイド団信は通常の団体信用生命保険のように無料ではなく、一般的に0.2~0.3%ほど金利が上乗せになります。
それ以外については、一般の団体信用生命保険と同じです。死亡や高度障害状態、そのほかに付けた特約により、もしものときのローンの返済を保険金でまかなえるようになります。

支払例 2000万円を35年間1%に金利で借りた場合の毎月の住宅ローンの返済額
通常団信の場合: 月々56,457円
ワイド団信の場合(0.3%上乗せ): 月々59,296円

ただし、ワイド団信は審査が緩いとはいっても必ず加入できるわけではありません。
病気の種類や症状などによっては審査に落ちる可能性もあります。審査基準も保険を提供している金融機関によって異なります。ワイド団信の審査も無料です。
もし健康状態に不安があるお客様は家探しの前にワイド団信の審査をすることも可能です。こちらも是非お気軽にご相談ください。

団信に入れない…、でも住宅ローンで住まいが欲しい。このような場合もご相談ください。
この場合はフラット35がお勧めです。

住まいのQ&A