団体信用保険の審査内容 – 久喜・幸手・杉戸エリアの一戸建てのことならフレンドホームにお任せください

団体信用保険の審査内容

団体信用保険の審査内容
①過去3ヵ月以内に医師の診察・検査・治療・投薬を受けたならその内容を告知します。
※告知しなくてもよい事項として、風邪、インフルエンザ、花粉症、虫歯

イラスト

②過去3年以内に対象となる疾患で手術、または2週間以上に渡って医師の診察・検査・治療・投薬を受けたかになります。
※銀行によって確認内容が若干変わり、A銀行では保険が否決されてもB銀行では入れたという事例もあります。

もし健康状態に不安がある方は家探しの前に団信の審査を先にすることもできます。無料ですのでお気軽にご相談ください。

持病をお持ちのお客様でも住宅ローンを通った実例を2つほどご紹介いたします。

【実例1:糖尿病のA様 ※年齢40代前半】
A様は、糖尿病を患っており、病院から処方されている薬の種類と量を「おくすり手帳」のコピーを住宅ローン審査時に添付、病院への通院回数も住宅ローン審査書類に記載し、団信加入となりました。

【実例2:高血圧症のB様 ※年齢30代後半】
病院から減圧剤を処方されており、薬の量と掛かりつけの病院から現状の状態を記載した、医師からの診断書を住宅ローン審査時に添付し、ワイド団信加入となりました。

住まいのQ&A